ニュース

  • 2011年04月27日

国土交通省 被災県内のリフォーム瑕疵保険の事業者登録料の無料化

国土交通省は、被災県内で被災地住宅補修に携わる事業者のための特別措置として、被災県内の事業者がリフォーム瑕疵保険を利用する際の事業者登録料ならびに更新料を4月1日から無料化しています。無料化の対象地域となるのは、青森県・岩手県・宮城県・福島県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・新潟県・長野県の10県です。当面は5月末までの登録を対象とする計画です。 国土交通省→ http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000230.html

  • 2011年04月22日

樹脂サッシを利用されてエコポイントを! 

住宅エコポイントに3月は約7万5千戸が申請しています。累計では既に約62万戸が申請しています。 現在、日本における既築物件数は5,000万戸といわれていますので、樹脂サッシをもっと利用 いただき、日本が元気になってほしいですね。あなたも樹脂サッシでエコポイントを! 当会のメンバー会社も住宅エコポイントのホームページでも紹介されています。 この機会を利用いただき、住宅エコポイントを申請しお得に快適生活を手に入れて下さい。 住宅エコポイントの締め切りは23年12月31日です。
エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況
<旭硝子>
http://jutaku.eco-points.jp/product/index.php?cat_id=2&mcode=007
<エクセルシャノン>
http://jutaku.eco-points.jp/product/index.php?cat_id=2&mcode=006
<大信工業>
http://jutaku.eco-points.jp/product/index.php?cat_id=2&mcode=009
<リフォジュール>
http://jutaku.eco-points.jp/product/index.php?cat_id=2&mcode=080

  • 2011年04月13日

福島県が仮設住宅の建築事業者を募集中  福島県は仮設住宅を約4000戸建築。その施工をする建築事業者を公募中です。

福島県は仮設住宅を4000戸前後建築する。 その施工をする建築事業者を4月11日から18日まで公募しています。仮設住宅と言っても建物そのものは次なる災害時などにも再利用する資産です。 今回は福島県で被災にあわれた方々が約2年間居住されますが、 寒い福島県で窓から侵入する冷気を防ぐことは必須です。 たとえ仮設住宅と言っても手を抜かない建築事業者としてのさらなる地位確立するためにも 窓の高断熱化を忘れないで下さい。 樹脂窓を採用する、あるいは樹脂内窓を取り付けて2重窓にすることで窓の高断熱化が可能になります。 詳しい内容は以下からどうぞ! http://www.pref.fukushima.jp/kenchiku/04topix/01_kouboyouryou.pdf 窓の高断熱化に関する情報などが必要でしたらプラスチックサッシ工業会までご連絡下さい。 プラスチックサッシ工業会連絡先はこちら http://customessaywriting365.com/ http://www.p-sash.jp/others/inquiry.html

  • 2011年04月12日

<省エネルギー技術戦略 2011>

資源エネルギー庁が2011年3月28日に「省エネルギー技術戦略2011」を発表しました。 家庭・業務部門に関して高断熱・高気密住宅と高断熱・高気密ビルがベースになっています。 どんな省エネ機器を導入するにしても窓(開口部)の断熱化は重要です。 新築・既築各建物の高断熱・高気密化のカギである樹脂外窓/内窓の設置すると、 省エネ機器の導入がより効果的になります。  参考コチラです→  http://www.meti.go.jp/press/20110328004/20110328004.html

  • 2011年04月05日

プラスチックサッシ工業会のホームページがリニューアルいたしました!!

プラスチックサッシ工業会のホームページがリニューアルいたしました。