ニュース

  • 2014年01月24日

長期優良住宅化リフォーム推進事業の内容を公表

国土交通省は1月23日、2013年度補正予算案に盛り込まれた「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の内容を公表しました。この事業は、劣化対策や耐震性、省エネルギー性などで、一定の基準を満たすリフォームに対する補助事業で、リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性(新耐震基準適合等)の基準を満たす必要があります。 2014年9月末までに工事着工するものが対象となり、住宅の面積条件は、戸建て木造住宅の場合、55㎡以上、1フロア44㎡以上、補助率は1/3で、1戸あたりの上限は100万円となっています。

https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000496.html