ニュース

  • 2014年11月28日

窓の建材トップランナー制度が11月30日よりスタートします。

経済産業省は11月25日、建材トップランナー制度の対象となる熱損失防止建築材料として、新たに窓(サッシと複層ガラス)を追加すると発表した。公布日は11月28日、施行日は11月30日。同制度は、対象となる建材の製造事業者や輸入業者に対し、現存する最も高性能な建材を基に、設定した目標年度までに性能の引き上げを求める制度。目標年度は2022年度。それまでに複層ガラスで約7%の性能向上、サッシは出荷量の多い引き違い窓で約15%の性能改善の達成を求める。  目標基準については有識者の検討委員会がまとめた案に対して、一般からの意見募集を実施していたが、今回の施行にあたって基準案から目標性能や年度などの変更はない。  施行により性能の引き上げだけでなく、性能表示も課されるが、サッシは2017年3月まで、ガラスは2015年11月まで経過措置期間が設けられている。

経済産業省NEWSリリース→ http://www.meti.go.jp/press/2014/11/20141125001/20141125001-1.pdf

  • 2014年11月26日

環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウムが開催されました。

11月20日(木)、東京大学 伊藤国際学術センターにおいて(独)建築研究所の坂本雄三理事長を中心に、第3回目となる「環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウム」を塩ビ工業・環境協会の主催のもと開催されました。 今回は省エネ・健康リフォームをいかに普及させるかをテーマに据えて、「住宅の省エネリフォーム」について集中的に議論する企画内容にて進行し、各パネラーからの実績や今後に求められること、また方向性等活発な議論が取り交わされました。

また住宅メーカー、建築会社、設計士、窓・断熱材などの材料メーカーなどから約300名の方にご参加いただき、盛況に終了いたしました。