ニュース

  • 2011年10月21日

住まいに関するアンケート、リフォームが新築をはじめて上回りました。

パナソニック電工(大阪府門真市)は、第3回目となる「住まいに関するお金意識アンケート2011」を6~7月にかけて実施、2283人から有効回答を得た。アンケートでは、リフォームを検討・計画しているひとが半数を超え(53%)、過去2回のアンケート(05年:38%、08年:37%)と比較するとはじめてリフォームが新築を上回った。 計画実施に必要な総費用を聞いたところ、新築では「2001~3000万円」27%、「3001~4000万円」24%、「1001~2000万円」14%との回答が上位を占めた。前回調査時(08年)はそれぞれ29%・32%・10%だったことを考えると、予算の減少傾向が明らかになった。またリフォームでは「101~300万円」を挙げたひとが最も多く46%を占めた(前回:37%)。 新建ハウジングニュースより

続きはこちら↓ http://www.s-housing.jp/archives/18364