断熱 × 健康 健康住宅と医療費削減の話

お宅は大丈夫? 冬に、部屋と浴室の温度差がある家は要注意。
家全体をあたたくする「断熱」で改善を!

東京消防庁のデータによると、入浴中の死亡者数は冬期に多いことがわかっています。また、その原因のひとつは、居間と浴室の大きな温度差だともいわれています。

※このページは、(独)建築研究所理事長 村上周三氏「健康・省エネ住宅のすすめ~断熱向上による温熱環境の改善がもたらす経済的便益~」(健康・省エネ住宅推進議員連盟会議)のデータを利用して作成しています。

住宅の改修によって断熱性を向上させると、部屋と部屋の温度差が小さくなります。

部屋と部屋の温度差が小さくなると、
さまざまな病気の発症率が減るという結果が出ています。

例)風邪にかかる割合・・・38%減少

この他にも、以下のような健康被害が軽減されます。

新築時に、100万円かけて断熱性を高めると、実はとてもお得です。
16年後に笑うのはどっち!?

断熱住宅では、健康になって医療費が削減できるのはもちろん、省エネによる冷暖房費削減も見込めます。これらの削減費を試算すると、断熱工事にかかった100万円を、16年後には回収できることになります。
他にもメリットがたくさん!16年後を比べたシミュレーションを見てみましょう!