樹脂サッシの効果 → 省エネ

日本の住まいでは、節電も省エネも大きな課題です。日々の心がけはもちろんですが、住宅や建材の機能を利用して、より効果が高く、快適になれる節電、省エネ生活を実践しましょう。ぜひ、樹脂サッシを快適な住まいづくりにお役立てください。

家電製品別の消費電力量

樹脂サッシは、家庭内で最も電力消費の
大きいエアコンの使用量を減らします

「暑さ」「寒さ」をしのぐためには冷暖房機器に頼らざるを得ません。家庭での電力消費におけるエアコンの比率を見ると、年間を通じて約4分の1を占めます。夏のピーク時(全世帯平均)では、なんと53%に達します。

断熱・遮断性能に優れた樹脂サッシなら、室内の快適な環境を長時間キープするため、エアコンの稼働時間を減らすことができるのです。

夏の冷房時(昼)に開口部から熱が入る割合は、窓が全体の約70%! 冬の暖房時の熱が外に流出する割合は、窓が全体の約50%!

窓は熱の出入り口!だからこそ、
断熱・遮熱・気密性能に優れた
樹脂サッシが必要です

「夏はエアコンの効きが悪い…」、「暖房をつけていても足元がが冷える…」といった悩みはありませんか?これは、窓を通して熱が出入りしてしまうことが大きな原因です。

アルミサッシ窓の場合、夏は窓から入る熱が全体の約7割、冬に窓から逃げる熱は全体の約5割となっています。(右図参照)

エアコンなどの冷暖房機器をフル回転しなくては効果を感じにくいのは、夏は窓から外の熱気が入り、冬は暖かい室内の空気が外に逃げて冷気が入ってしまうからです。

つまり、窓の断熱性を向上させることは、大きな節電につながり、省エネで快適な住まいへの近道になるのです。では次に、樹脂サッシがいかに熱ロスを防ぐかご紹介しましょう。

樹脂サッシとアルミサッシでこんなに違う、熱ロス比較

窓から逃げる熱量を、アルミサッシと樹脂サッシで比較した場合。樹脂サッシ(Low-E複層ガラス)や、内窓(Low-Eガラス)を設置した二重窓の場合は約74%も抑えることができます。
窓からの熱の出入りを抑えれば、快適な室温を保つことにつながり、さらに、光熱費を無駄に使うこともなくなります。

すべての住宅を樹脂サッシにして、年間約1億トンのCO2を削減しよう!

アルミサッシ(単板ガラス)を樹脂サッシ(Low-E複層ガラス)に取り替え、夏27℃、冬18℃で全館を冷暖房した場合、年間のCO2発生量は40%近くにあたる約2.7トンが削減可能。仮にアルミサッシの住宅を3000万戸と仮定し、そのすべての窓を樹脂サッシにした場合、CO2削減量は年間約1億トンになります。

樹脂サッシで貯金する!?

上記と同様の条件で冷暖房した場合、電気料金に換算すると年間でなんと約85,000円も節約できます。居室のみを冷暖房した場合でも約34,000円のコスト削減が可能となるのです。 樹脂サッシの場合、リフォームや取り替えに膨大な時間やコストを要することなく、比較的容易に取り付けができる点も大きなメリットです。

今後10年、20年には!?