樹脂サッシが欲しい人 樹脂サッシに換えたい人

新築やリフォームで樹脂サッシをご検討されている方へ。施工店選びや窓リフォームの方法、お得な国の優遇制度などを紹介します。

  • 樹脂サッシが欲しい人[新築の場合]
  • 樹脂サッシが欲しい人[リフォームの場合]
  • 樹脂サッシに関わるお得な優遇制度

樹脂サッシが欲しい人へ
[新築の場合 ]

(1)施工会社を検討中の人へ

■施工会社のホームページやカタログを見て、樹脂サッシが使われているかをチェックしましょう。樹脂サッシを使っている企業は断熱性能向上に真面目に取り組んでいる証拠です。

■サッシの情報がわからない場合は「樹脂サッシ希望」とお伝えください。

(2)施工会社が既に決まっている人へ

「樹脂サッシを希望」 とお伝えください。万一拒否された時は施工会社の変更もご検討下さい。「終わり良ければすべて良し」と昔から言われています。

(3)マンション、建売住宅の購入を検討している人

■ご購入を検討しているマンションや建売住宅のサッシの種類を確認してください。樹脂サッシではない場合は、樹脂内窓を取り付けてもらうなどのサービスを価格交渉時にご交渉下さい。

↑ページトップへ

樹脂サッシに換えたい人へ
[リフォームの場合]

窓(サッシ+ガラス)の樹脂サッシへのリフォームには、下記の2通りがあります。
1、今の窓を樹脂サッシの窓に交換する方法
2、今の窓はそのままにして樹脂製内窓で二重窓にする方法

(1)窓をサッシごと交換する方法

窓をサッシごと交換するには、壁を一部壊す必要があります。枠の一部が壁の中に潜り込んでいるため、壁を壊さないと枠を取外すことができないからです。

<「樹脂サッシへの交換」をおすすめする窓>

  • 現状サッシの結露などが原因で、窓周りの壁が腐っている場合
  • 窓を交換することで外観もグレードアップしたい場合
  • 外壁取り換えなど大掛かりなリフォームの場合など

(!)施工店を選ぶ際には、樹脂サッシを取り扱っているかどうかの確認をしてください。

(2)内窓を設置して二重窓にする方法

今ある窓はそのままで、室内側にもうひとつ樹脂製内窓を取り付ける簡単リフォームです。内窓の設置が可能な幅と枠がある窓であれば、ほとんどの場合、取り付けることができます。

<「内窓」をおすすめする窓>

  • マンションなどの共同住宅の窓リフォーム
  • 大きな騒音でお困りの家(ただし、騒音対策の場合は、窓以外の気密性もチェックする必要があります)

(!)施工店は慎重に選びましょう。
既存の窓は、長年使っていると窓枠が変形することがあります。内窓の魅力は、変形した窓枠であっても、樹脂の柔らかい素材特性を活かして、いったん曲げてから伸ばして装着し、きっちり枠内に納めて気密性を確保できる点です。その調整にはプロの技術が必要なので、口込みなどで情報を得て、信頼できる施工店を選びましょう。

↑ページトップへ

樹脂サッシに関わる お得な優遇制度

樹脂サッシでゲットしよう!!減税・控除・補助金

リフォームする方

固定資産税の減額
省エネ改修工事を行った住宅の翌年分の固定資産税額(120m2相当分までに限る)が1年間、3分の1減額されます。
[期限:平成25年3月31日まで]
詳しくは»(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター運営「リフォネット」
所得税控除(ローン型)
省エネ改修工事(上限200万円)を行ったときに使える制度です。30万円を超える工事費用で、決められた要件を満たす省エネ改修工事を行った場合、年末ローン残高の2%、その他の改修工事(省エネ改修を含め最大1000万円)の1%を5年間、所得税額から控除されます。
[期限:平成25年12月31日まで]
詳しくは»(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター運営「リフォネット」
住宅エコポイント
窓の樹脂サッシを利用した断熱改修をした場合にエコポイントが発行される制度です。窓の大きさ(大・中・小)によって2,000ポイント~18,000ポイントが定められています。
[平成22年1月1日~平成23年12月31日に建築着工したもの]
詳しくは» 住宅エコポイント事務局

新築する方

フラット355(住宅ローンの金利優遇制度)
住宅ローン「フラット35S」は、「フラット35」よりお得!
樹脂窓使用などで証明できる省エネルギー等級4の住宅であることを示す「適合証明書」を申し込み先の金融機関に提出すると、フラット35からさらに1%、当初10年間の融資金利が優遇されます。
詳しくは» 住宅金融支援機構「フラット35S」のご案内
フラット355 20年金利引き下げタイプ(住宅ローンの金利優遇制度)
「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく住宅事業建築主に判断基準に適合する住宅(1戸建てに限る)は、当初10年間年率1.0%、11年目以降20年目まで年率0.3%優遇されます。
詳しくは» 住宅金融支援機構「フラット35S」のご案内
住宅エコポイント
新築住宅の窓に樹脂サッシを利用した場合に、一戸あたり30万ポイントのエコポイントが発行されます。
[平成22年1月1日~平成23年12月31日に建築着工したもの]
詳しくは» 住宅エコポイント事務局

中古住宅を購入する方

フラット355(中古タイプ)
樹脂サッシ使用などで証明できる省エネルギー等級4の住宅であることを示す「適合証明書」を申し込み先の金融機関に提出すると、フラット35からさらに1%、当初10年間の融資金利が優遇されます。
詳しくは» 住宅金融支援機構「フラット35S」のご案内

各自治体の助成金もチェック!

省エネ意識の進んだ全国の自治体の中には、窓の省エネ化に関する助成金制度を設けているところがあります。みなさまのお住まいの自治体のホームページをチェックしましょう!!
もしも、あなたの自治体がそうしたことに取り組んでいなかったら、「けしからん!」と訴えて助成金制度を創出してもらいましょう。

↑ページトップへ