ニュース

  • 2013年06月07日

2013年のリフォーム市場規模は6.3兆円と予測 (矢野経済研究所)

6月5日、矢野経済研究所(東京都中野区)は、住宅リフォーム市場に関する調査結果を発表しました。調査期間は2013年3〜5月。この調査における住宅リフォーム市場の規定は、「10m超の増改築工事」「10m以下の増改築工事」「設備修繕・維持関連」「家具・インテリア等」の4分野を指しています。  それによると、2012年の住宅リフォーム規模は前年比0.5%増の6兆1894億円。分野別にみると「家具・インテリア等」は前年比9.4%増加したが、リフォームの主流である増改築や水まわり設備の交換といった「設備修繕・維持関連」はわずかに減少したとのことです。2013年の市場規模は前年比約2%増の約6兆3000億円、政府の新成長戦略にもとづく補助金などの後押しを受けて市場が大きく活性化すれば2020年には7兆6000億円(2010年比29%増)にまで拡大すると予測しています。