ニュース

  • 2014年11月26日

環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウムが開催されました。

11月20日(木)、東京大学 伊藤国際学術センターにおいて(独)建築研究所の坂本雄三理事長を中心に、第3回目となる「環境時代のビルディングエンベロープを考えるシンポジウム」を塩ビ工業・環境協会の主催のもと開催されました。 今回は省エネ・健康リフォームをいかに普及させるかをテーマに据えて、「住宅の省エネリフォーム」について集中的に議論する企画内容にて進行し、各パネラーからの実績や今後に求められること、また方向性等活発な議論が取り交わされました。

また住宅メーカー、建築会社、設計士、窓・断熱材などの材料メーカーなどから約300名の方にご参加いただき、盛況に終了いたしました。