ニュース

  • 2015年09月11日

健康・省エネシンポジウムINとうきょう【先着250名】の開催について

9月30日(水)東京(水道橋)すまい・るホールにおいて、国土交通省のスマートウエルネス住宅等推進事業の普及・啓発事業のシンポジウムが開催されます。 これは、住宅の省エネルギー化による効果については、国内外の既往研究で明らかになりつつありますが、医学・疫学の観点から今一度フラットな視点によって、次の検証を求めるものです。

・断熱化等の省エネルギー化は、住宅性能を向上する。 ・断熱化等の省エネルギー化は、居住者の健康に影響を及ぼす。 年間800件の調査をし、3年間で約2400件の事例をエビデンスとして、健康と省エネ住宅の関係を調査する事に対して、広く生活者の方々に調査協力を求めるために開催いたします。 詳細ならびにお申込みは下記PDFをご利用ください。 スマートウエルネス住宅等推進事業の詳細はこちらを参照下さいませ。 とうきょうシンポジウムチラシ