ニュース

  • 2015年09月15日

経済産業省ZEHの定義を明確化、外皮性能を優先

経済産業省は、ZEHロードマップ検討委員会(委員長・秋元孝之芝浦工業大学工学部教授)の中間とりまとめ案を公表した。今後、パブリックコメントの結果を反映し、最終的な中間とりまとめの公表を行うう。今回公表されたとりまとめ案では、ZEHの定性的な定義を示している。ZEHとはエネルギー収支をゼロにする住宅だが、明確な定義がある訳ではない。経産省と国交省の補助制度でも異なる補助要件を設定している。そこで、中間とりまとめ案では、ZEHの定性的な定義を明確化した。

詳しくはコチラ↓150911_経済産業省ZEHの定義を明確化、外皮性能を優先