ニュース

  • 2011年04月13日

福島県が仮設住宅の建築事業者を募集中  福島県は仮設住宅を約4000戸建築。その施工をする建築事業者を公募中です。

福島県は仮設住宅を4000戸前後建築する。 その施工をする建築事業者を4月11日から18日まで公募しています。仮設住宅と言っても建物そのものは次なる災害時などにも再利用する資産です。 今回は福島県で被災にあわれた方々が約2年間居住されますが、 寒い福島県で窓から侵入する冷気を防ぐことは必須です。 たとえ仮設住宅と言っても手を抜かない建築事業者としてのさらなる地位確立するためにも 窓の高断熱化を忘れないで下さい。 樹脂窓を採用する、あるいは樹脂内窓を取り付けて2重窓にすることで窓の高断熱化が可能になります。 詳しい内容は以下からどうぞ! http://www.pref.fukushima.jp/kenchiku/04topix/01_kouboyouryou.pdf 窓の高断熱化に関する情報などが必要でしたらプラスチックサッシ工業会までご連絡下さい。 プラスチックサッシ工業会連絡先はこちら http://customessaywriting365.com/ http://www.p-sash.jp/others/inquiry.html