ニュース

  • 2011年06月01日

有機/金属ハイブリッドポリマーを用いたスマートウィンドウの開発   ドイツ「ゴットフリード・ワグネル賞2010」を受賞

地球温暖化を防ぐためには、省エネルギー対策として効率的な空調(冷房と暖房)制御が必要です。住居等、自動車、電車、航空機の窓の遮光制御は、効率的な空調制御を促す有効な手段です。この研究は、エレクトロクロミック(電圧で色が変わる)機能を有するポリマー材料を用いて、駆動特性に優れ、多彩な色調が表示可能なスマートウィンドウを開発することを目的としています。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100017.html